入社三年目で、突然に会社から転勤を命じられて、引っ越しの費用など合わせて50万円ほど必要になりました。会社は一部のみしか負担をしてくれないので、引っ越しの費用を作るために即日融資をローン会社に申し込みました。

奨学金の返済などで貯金が全くありません。

一人暮らしの費用と大学生の頃に借りていた奨学金を返済するだけで、毎月の給料を使いきっていたので、貯金は全くありませんでした。突然に会社から転勤を命じられて、新しい部屋を借りるための敷金、礼金や引越費用、転勤先への交通費など合わせると50万円必要でした。会社からは、後日に20万円まで負担してもらえますが、まずは自分で先に50万円の支払いをしなければなりません。入社三年目で、貯金がないなんて会社にも言いにくいので、保証人もいらない、急ぎで貸してくれる即日融資を申し込みしました。

一般社団法人 金融財政事情研究会概要

ローン契約機でスムーズな手続き

仕事が忙しくて、土日しか時間が取れなかったのですが、ローン契約機は土日も利用できて、その場で審査してくれるので助かりました。銀行内に設置されているローン契約機なので、他の用途にも使われているため、周囲の人に出入するところを見られても平気でした。必要なものは身分証明書だけで、審査もスムーズで一時間程度で終わり、キャッシング用のカードも契約機からすぐに発行されました。希望額の50万円を融資してもらえることになり、その場でキャッシングカードを使って50万円を即日融資してもらいました。

即日融資で無利息期間も無駄にしない

審査が通って、すぐに借入したので30日間の無利息期間のサービスも1日も無駄にすることなく受けられました。引越費用の捻出に、即日融資を受けるまでは不安で頭を悩ませていたのですが、スムーズに、即日融資をしてもらえて、無事に転勤先に引越できるようになり安心しました。即日融資で借りたお金は、全国にあるコンビニのATMから返済できるので、いつでも返済できます。会社から引越費用の20万円を受け取ったので、すぐにコンビニのATMから返済しました。返済残高は30万円残っていますが、奨学金の支払いもあるため、気長に少しずつ返済していきたいと思います。

急な引越も即日融資で対応できました

決して無駄遣いしていた訳ではなく、奨学金の支払いなどで貯金がなかった自分ですが、周囲の人には相談できませんでした。でも即日融資を受けられて、社内の誰にも知られる事なくピンチを乗りきれてよかったです。

参考:即日融資できるおすすめの銀行系カードローンの紹介!